カポエイラブログ 東京編

三軒茶屋のブラジル料理バー「BANCHO」レポート

投稿日:

先日、三軒茶屋にあるブラジル料理バー「BANCHO」に行って来ましたので、簡単にレポートしたいと思います。

 

 

場所は、田園都市線 三軒茶屋駅の世田谷通り口を出て徒歩2,3分

多くの飲み屋が並ぶ細い路地を奥に進むと、ブラジルの国旗が店先にかかっています。

 

お店の中は、カウンター席が15ほどに、奥には約8人が座れるテーブル席が一つ

カウンターの中は屈強な日本人店員が3人、所狭しと動き回っており非常にこじんまりとした店内です。

 

店先にはシュハスコ(=シュラスコ、ブラジル式BBQ)マシーンがクルクルと肉を焼くために回っており、通りからもそれが見えるようになっていました。

 

シュハスコメニューは、ピッカーニャ(イチボ、牛のお尻の上部)にコラサォン(ハツ)、アバカシアッサード(焼きパイナップル)などが約10種類でどれも1人前が200円!!

サイドメニュー的に、コシーニャ(ブラジル風コロッケ)、パステル(ブラジルの軽食の一種)などのサルガドス(揚げ物の軽食類)も揃っていて、フェイジョアーダ(ブラジルの代表的な豆の煮込み料理)もありました。

 

飲み物メニューは、残念ながらブラジルビールはありませんでしたが、サンギ ジ ボイ(ブラジル赤ワイン)やカイピリーニャ(ブラジルの伝統的カクテル)などブラジルものが数種に、日本のビールとサワー類が揃っていました。

 

 

さて、お店は18:00~オープンで、開店と同時に入ると奥のカウンター席に案内され

ハッピーアワーの生ビール290円を注文します

ここは、普通の居酒屋的なノリですね。

 

開店直後というわけで、客はまばら。

早速、シュハスコ類を注文。

肉類はどれも時間が掛かりましたが、中々のお味♪

これで本当に1人前が200円!? コスパ的にも大満足でした。

 

さらに、行った日は土曜日という事もありフェイジョアーダを注文、ファローファやコービが無かったのは残念でしたが、味はまあまあ美味しかったです。

 

アバカシアッサードは、注文してから1時間位してようやく出てきましたが、若干酸っぱめ。

バルバッコアでも部位によって甘みに差がありましたが、当たりアバカシに出会うのはとても難しいものです。

 

 

ふと気づくと、店内は満席!

そして、後ろのテーブル席グループの会話の中には、何やらカポエイラグループの名前がちらほら。

その日はお忍びデート(⁈)だったインストラクターHは、カポエイラ関係者ということを悟られないように、なるべくブラジル以外の話題をしていました(笑)

 

 

その後、サンギ ジ ボイやピンガ トニックを飲んだところ、中々のクオリティー☆

バー的なお店なので、やっぱりお酒は美味しかった!

もちろん、メインのお肉も美味しかったので、それらをつまみながら少人数で飲むにはとてもいいお店だと思いました!!

20120228-114549.jpg

-カポエイラブログ 東京編

Copyright© CAPOEIRA TOKYO , 2019 All Rights Reserved.