カポエイラブログ 東京編

カポエイラが泣いた 泣いたはカポエイラ

投稿日:

木曜日の渋谷、

ヘジョナウ教室のこの日は、

初心者練習。

 

いや、

初心者教室のこの日は、

ヘジョナウ練習。

 

 

火曜日はセクエンシアの1番だったので、

この日は2番と、さらに3番まで☆

 

床でチャラチャラ(笑)していることが多い、

わがカポエイラ東京では、

それゆえ、意外とマテーロなんていう

超基本の蹴り技でさえ慣れていない人が多く、

今後の課題が見えてきたわけです。

 

 

クラスの中で質問が出たけど、

セクエンシアは別にホーダの中で使う必要は無くて、

あくまで練習の一つなんですよね。

 

でも、メストレ・ビンバが、

そのセクエンシア教授法を定義した事は、

当時、非常に画期的だったんですよね。

 

何しろ、

カポエイラを学ぶにあたって、

あのブラジル人たちが(ブラジルの人、ごめんなさい!)

そんなロジカルな練習方法を取り入れるなんて、

こりゃ大事件だ!

な、わけですよ。

 

 

今でこそ、

セクエンシアなんて

カポエイラ教室では当たり前になってるけど、

そんな当たり前を最初に作り出したのは

やはり偉大なのですよ◎

 

 

なので、

そのセクエンシアをやるたびに

先人たちの事を

今の時代のカポエイリスタ達は、

少しは想い出してもらえれば良いではないかと、

インストラクターHは思うわけです。

カポエイラが泣いた

20130301-094028.jpg

-カポエイラブログ 東京編

Copyright© CAPOEIRA TOKYO , 2019 All Rights Reserved.